2009年12月7日月曜日

ローカル定義 その2

お約束の 公益法人会計基準曲解派。
これは、
 「公益法人会計基準」
    と
「公益法人会計基準の解説本」
    との
  区別がつかない学派である。

 会は公益法人である、よって公益法人会計基準に拠らなければならない、しかるに
会の決算は、・・・・かくかくしかじかである。よって あらためられたし----。
との主張をする。

で、「基準」を読んでみた。しかし、主張されてるような細かいパーセントなど 一切記述なし。
「公益法人会計基準」はほんの数ページだ。
よくよくその主張を聞いてみると、どうやら 「解説本」に依拠してるらしいことがわかる。

いけませんです。
原典と解説本を混同しては。

ま、それよりも、「公益法人」だと思っちゃうところが いけませんね。

0 件のコメント:

コメントを投稿