2009年12月16日水曜日

社労士とドバイ??!!

今年の3月号、月刊社会保険労務士。

巻頭をかざる、「視点」は、嘉悦大名誉教授佐野陽子氏でした。

表題は「ドバイは1日にしてならず1日にして滅びず」。

派手派手(去年の今頃のことです)のドバイを報じた世界のマスメディアは、ドバイを否定的に報じてるが
果たして、投棄マネーが造る砂上の楼閣だったのだろうか、そうではないのではないか、
というトーンの論考。

そして、続けます、ドバイの代々の首長は先見の明にすぐれ、リーダーは聡明である・・・と。



そして、今。
「ドバイは1日にしてならず1日にして滅びず、しかし1年にして借金返済棚上げ」。


バツが悪いんじゃあねえのかなあ。





0 件のコメント:

コメントを投稿