2009年12月17日木曜日

公的個人認証サービスの更新

公的個人認証サービスの更新案内が届いた。

事務組合代表としての電子証明書で、雇用保険電子申請には
かかせないものだ。
また、時折ある定款認証にも力を発揮する。
なんといっても、4万安くなるのは魅力。

早速 町役場に出向いた。
4桁のパスワードを、なんて言われたって、そんな何年も前の話
おぼえてるわけがねー。
「初期化していいですか?」「はい」

とんとん拍子に進むかと思いきや、その後が結構大変だった。
いや、こっちは ただ単にいすに座って待つだけでしたが、カウンターの向こう側では
マニュアルをひっくり返したり、あちこちに電話したり・・・

まあ あんまり例がないのでしょう。たかだか人口2万の町。
こちとらだって、事務組合の代表になっていなければ、まず使わない。
定款認証など、いつ仕事になるかわからん。

でも なんとか最終版にこぎつけたらしく、
「どうぞこちらへお入りください」

(あっ そうか こんなとき 隠し撮りして来ればいいのか)

職員さんが、専用機の前に案内してくれて、鍵ペア生成ボタン(タッチパネル)
を押し、まつことしばし。
やがて 完了し、次、パスワードの設定。

ここからも ちょっとしたトラブル、がありましたが
無事発行され 交付をうけてきました、マル。

0 件のコメント:

コメントを投稿