2010年1月9日土曜日

天下りますクミならばクミ・・

文芸春秋が届いた。こんな田舎は 本屋が遠い。ゆえ、郵送購読じゃ。
パラパラと眺めていたら、天下り云々の記事が。

もしや、とページをめくっていくと、あはあ  あったわん。

全国社会保険労務士会連合会  専務理事 奥田久美 報酬1600万(推定)

・・と掲載されたいました。

1600万は推定でなく、連合会HPの 開示情報をたどれば 書いてありまよ、文春編集部さん。
会長、専務理事、常務理事の順にね。


ところで、
そういえば、奥田専務 就任してからすでに3年以上になると思うが、いまだに
月刊社会保険労務士会に 論文・論稿が ないですね。
前任の 中井専務は、就任後すぐぐらいにお披露目論稿が載ったというのに。
前々任の増田うじなどは しょっちゅう書いてた気がする。

もっとも、 神奈川の 何とかさんが 編集長になったころから紙面がガラッと変わったからね。
編集方針をかえちゃったのかもしらん。 おそらく 「会員のための紙面」なんて言っちゃってサ。
おばかなことだ。

んでも、
挨拶代わりに、書けよって。
どんなこと考えてるんだかみんな 知りたいんだからねえ。


たぶん 今度の 「年金相談センター」のことなど喋らせると 面白いと思うよ。
官僚の発想と 専務理事の発想 をどう切り替えてるのか みものなのよ。

え? 切り替えてないって?
ホントカヨォ・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿