2010年1月19日火曜日

外延的存在

sr-ta3さん コメント有難うございます。

この外延的存在、特に脱却という言葉とともに使われています。

ボクはちょっと穿って見てましてね、
年金相談センターなどの事業受託は、そもそも会則に照らして
無理なものなので、外延的存在からの脱却というワードに、それ
ら行為を掃き清めるための役割を果たさせている、、、と、こんな
ふうに思っとるんですよ。

会長職なり、組織のリーダともなると、なにか青果物おっとぉ成果物
がほしくなるんでしょうな。

 今後の社労士を占うっつうんだが、どーだかね。

 

2 件のコメント:

  1. 今度、現職が当県に来るので、二次会で酒に酔わせて問いただしてみたいなあと・・・
    昨年6月、わが会の最重鎮は別の人に票を投じているのであります・・・

    返信削除
  2. >二次会で酒に酔わせて問いただしてみたいなあと・・・

    ぜひに。

    でも あとで気まずくなってもしりません(^_^;)

    返信削除