2010年1月26日火曜日

日本シャルフから

日本シャルフからダイレクトメールが届いた。

それによると、 電子申請システムが18900円だという。
ま これ自体は どうということもないが、どこにニュース価値が
あるかというと、この電子申請、システム本体から切り離されて
いるということだ。しかも 年間保守料も不要という。

なんといっても 安い。

あとは使い勝手がどうかだ。

いまの電子申請の仕組みの 一番の問題は、
入力をe-gov上でやらせているところにある。

同社が、「シングルカット」したという発想からすると、
同じような問題意識かもしれん。

もっとも 不安がないわけでない。

電子申請は 送信でオワ、ではなく、その後の管理のこと
もシステムとして念頭に置いとかなくてはならん。

ステータス管理(電子申請進捗管理)とも連動させたい、
また
送信後の 公文書管理など、の事後管理とも連動させて
はじめて 「電子申請をしてる」との満足感が得られる。

その点、 18900円で大丈夫だろうか、との思いがする。
(勿論、技術的、能力的なことを不安視してるのではありませぬ。
その金額で 標準装備してもらえるのだろうか、という不安です)

いずれ、
自己のデータベースと切り離して、シングルカットで提供してくれる
シャルフさんに感謝だ。

 期待しよう。

0 件のコメント:

コメントを投稿