2010年1月10日日曜日

天下りますクミならばクミ・・(2)

誤解があるといけないので、いっときますが、
決して 奥田専務の「天下り」に問題あり、と言ってるのではありませぬ。

わが連合会の場合、世上取りざたされるいわゆる「天下り」とは違うと思いますのでね。

「天下り」は、今回の文春2月号「中野雅至准教授&本誌取材班」の言葉を借りれば、

  「国からの補助金や交付金といった形で、官僚OBが天下っている団体に
  税金が流れ込んでいる構図」

があるからこそ問題視されるわけで、わが愛しき連合会の場合、そうした構図ではないでしょう。
あの報酬1600万のもとは、 われら会員の「会費」だ。

また、1600万も高いという気もありませぬ。それだけの、それなりの働きをしてもらえばいいのじゃて。


(でも、ウラヤマしーきにぃ )

0 件のコメント:

コメントを投稿