2010年2月3日水曜日

社労士の「品性」

いやはや、 社労士たるもの、会からの旅費日当を平然と受取るようでは、その品性きわめてよろしからず、ってか。

sr-jinjinは ありがたく 平然と おしいただいておりました。

たしかに、余の品性よろしからざること、これは認める。
一番近くにいるわが女房のいうことだから間違いない。

されど、 それは、食事中に屁をこいたりのゆえであって、平然と受取るから斯くいわれるのでない。

まあ 正直にいえば、 「平然と受取るという品性に疑わしさを感ずるという品性」を疑わざるをえないのだ。

思うに、 理事の職務に対する考え方の根本的な違いがあるのだろう。

詳しくは おいおいに。

0 件のコメント:

コメントを投稿