2010年3月11日木曜日

Doc Worksがあるので、今度は、これにて管理することとしよう

電子申請に添付するCSVファイルには、999までの、連番が振られるが、
その番号、このたび 999に達した。
20年の7月に、 単一電子署名が可となったときに、ゼロクリアしたので
999件を費やすに約2年半ということか。
もっとも、雇用保険の得喪にCSVを使えば、もっと早かったかもしれない。

いわゆる「総括票」も、申請が完結するまでは、必要じゃろうと 印刷して取っ
ておいたが、それも こんなになっちゃう。

せっかく、XEROXの Doc Worksがあるので、今度は、これにて管理することとしよう。
紙代など微々たる物というなかれ。印刷物の管理や、はては 後々のシュレッダのこと
を考えると、デジタル化にしておくのが 如何に気が楽かということがお分かりいただけ
よう。

このDoc Worksは、 先に、複合機をXeroxにいれ変えた時に 頂戴してたものだ。

電子申請は、PDFとかJPGとかが 標準となってしまい、Docを使用できる場所なくて
きたが、その実力は なかなかのものがあるのだ。

PDFに比すると 軽い、早い。

・・・ということで、 早速、電子申請専用PCの 通常使用するプリンタに 
このDocWorksを指定した。

作るのは簡単。仕様チェックプログラムから印刷指令するだけなのだ。

問題は そのあと。
データベースの仕組みの中にどのように 取り込むか、だ。

とりあえずは、 のちのちダウンロードする公文書を入れ込むフォルダに入れておこう。
こうしておけば、リンク情報の 定型的推定が可能なので、データベースにおける個々の
人事データにもリンクを張りやすい・・・・・。

さて、この取り合えずの結論、果たして吉とでるか凶とでるか。


 





0 件のコメント:

コメントを投稿