2010年4月16日金曜日

眠気覚ましに一発

眠い。

年度更新の ゴール地点 が先に伸びてしまい、退屈な毎日を過ごす。
どうも 気分が乗らない。


そこで 一発。
次は 京都会HPからである。

「社会保険労務士の業務とは」というところにある「特定社会保険労務士の業務」
についての 説明である。

--------------------------------------------------------------------------------------
特定社会保険労務士の業務 

 特定社会保険労務士とは、紛争解決手続代理業務試験に合格することにより、
特定社会保険労務士として付記を受けた者です。
 特定社会保険労務士の業務は、社会保険労務士の業務のほかに、次の業務
を行ないます。
(1)個別労働関係紛争のあっせんの手続を行い、調停手続きにおいて紛争当
事者の代理を行います。
(2)都道府県労働委員会が行う個別労働関係紛争に関するあっせんの手続き
について、紛争当事者を代理します。
(3)ADR機関「社労士会労働紛争解決センター京都」発足後、当機関において
個別労働関係紛争の公正かつ適正な問題解決を図ります。
-----------------------------------------------------------------------------------------
 
上記説明文には あきらかな 誤りがある。
どこが誤りであるかで指摘せよ。また なぜそのような誤りを繰り返すと思う
か貴方の考えを述べよ。(200字以内)   nahaha............
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿