2010年7月14日水曜日

総括する、なんて簡単にいわんでよ。

むふふ。
算定全部送信済み。
扶養調書、大半送付ずみ。

さて、標題の件。

総括する、なんて簡単にいわんでよ。

総括する、ってのはサ、
それまで行ってきた活動をまとめる、ってことでしょ。

自分の行ってきた活動があること、これ前提。
他人様がやってきた活動を、「総括」してはいけません。

そんなのは あなたの たんなる感想です。

あなたが 総括 するとすれば 、、、、

あなたには、思い入れのある候補者がいたようですので
その方が当選すべくあなたはどうかかわって、その結果どうであったのか
その結果に対して、あなたのかかわり方=活動は どう評価されるのか
それが 「総括」なのよ。

そして それが 次の段階への足がかりとなる。つまり 次の(活動)方針と
密接に係わることになる。

もし、そのような 書き方をすれば、 世の(社労士)仲間たちは 好意的にあなたの
書き込みをよむでしょう。(あなたの活動に賛意を表するかどうかは別にして、です)

しかし、そうではないのでね、こうして文句言いたくなる。
みっともない書きこみは やめな!ってね。

悲しいことに、あなたの「総括」とやらは、(もう、悲しさを通り越して笑っちゃう)
  やれ、管さんの消費税発言に問題があった、、
  やれ、鳩山さんの 普天間対応は迷走だ、、
だもんね。

繰り返すけど、 消費税発言に問題があったなどと 「総括」できる立場の人は
限られるということなのよ。

その「限られる」中に 勝手に身をおいておしゃべりしてるので もう、笑っちゃうんです。


ここ、わかってもらえないんだろうなあ。
もしかすると、「ソーカツ」という名において 連合赤軍 リンチ事件がおこされた、という
ことも ご存知ないのかもしれない。



はは、永遠の恋人に対するラブレターでした、まる。

1 件のコメント:

  1. わたしなりの「総括」のひとつには、書き込みを「読まないこと」であります・・・
    読まなければどうするか、強いて言うなら「眺める」のであります・・・
    しかし、鎖につながれたお猿さんが騒いでいるのを眺めているのも飽きてきました・・・

    その鎖のことをある人は「コンプレックス」といい、また別の人は「知識偏重主義」といい、また「自己疎外」という・・・

    総括
    1 個々のものを一つに まとめること。全体をとりまとめ て締めくくること。「各人の意見を―する」
    2 労働運動や政治運動で、それまでの活動の内容・成果などを評価・反省すること。「春闘を―する」

    結局、業界の発展あるいは後退になんら寄与して無いことのむなしさなのでありましょうよ・・・

    あるいは「過激」をウリにしていたつもりが、「なんだ、刺激が足らね~じゃないか」と言われるのを恐れるがゆえに陳腐化したマンガになってしまったのかも・・・最初は新鮮に見えたのだけれどね~・・・

    返信削除