2010年8月30日月曜日

埼玉会会員の裁判

埼玉会会員の裁判が話題になっていました。
sr-tar3さんの 8/13日
http://sr-ta3.blogspot.com/2010/08/blog-post_13.html
以下 sr-jinjinの感想。

「苦情処理」の対象となったやに見受けられる。
苦情・・となると、しかるべき 会議が持たれ 何がしかの結論をだしたはず。

それが どうであったか・・
 どうであったか、とは、
(1)苦情申し立て者のとおりなのだから、会員よ、 心して聞け。
貴殿の行為は、注意勧告とするも已む無しの所業なり。
以後 かようなことなきよう職務に専念されたし・・・

となったのか、或いはまた、

(2)申し立て人の思い違い甚だしきことこのうえなし。同業者として同情申し上げる。
申立人には、その旨回答する。以後、これまで同様職務に専念されたし・・・

・・という2つのどっちかということだ。


 くだんの社労士サン、名誉毀損で 本訴したということは、どうやら 上記(1)だった
のでしょうね。

#まさか、綱紀委員会で審議したりしてないでしょうねえ。
 うん 神奈●会あたりは審議しそうだけどね、あは(ー_ー;)joke,joke


それは ともかく。

「解雇の意思がないことを明確にするための業務命令書を交付することが紛争防止
に有効と助言した」
とありますが・・・

ここを、くだんの社労士サン、間違ったんでないのかね。

労働者ご本人は、理由はともあれ、「退職します」といってるのでネ、「紛争」になどなっ
ていなのよ。
にもかかわらず、「業務命令書を交付することが紛争防止」だと。
・・・・こりゃ まずい。

そんな場合、sr-jinjiは どうするかというと、 いや 全国の大半の社労士もそうだと思うが
自己都合で離職票に記入し、労働者には 「事業主が○をつけた離職理由に異議あり」
として作成する、ということをします。全国の皆さんも、そうでしょ?


いったん、サジを ハローワークに預けるんですよ。
もちろん、いったんは 帰ってきますけどね。(離職理由は変更できないの?とネ)
少なくとも、フォーカスが鮮明になります。

以上のように 考えれば、離職票発行に 10日も要しない。

策士、策に溺れる、といいますが、チト考えすぎたんでないのでしょうか。
ま、「棄却」となって ことなき を得たようですが、自ら招いた災厄と考えて
以後心して業務にあたるしかないですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿