2010年8月31日火曜日

連合会の総会(1)

綱紀委員会の話題から少しはなれて、ちょっと月遅れだが
今年の連合会総会話題。

総会に出席したわけでないので、情報ソースは月刊社会保険労務士7月号のみ。


まず 目についたのが、
大阪 代議員坂東氏と東京代議員金網氏の質問。
どちらも、 奥田専務理事からの やんわりとした批判 が印象的。

大阪代議員は、 社労士総研に対し、「個別の研究テーマにも一定の方向性が感じられない」
とのご趣旨。さらに その奥底には、 政策提言すべき、との強い意思が伺える。

それに対し、奥田専務理事、
 「社会保険労務士の業務にかかわること」でしかないのよ、との答弁です。
社会保険制度や年金制度などについての政策提言しろ、との意向をもった質問
に対する控えめな批判答弁と見えます。

したがって、これには sr-jinjijnも 拍手喝采。

ついで、 月刊社労士ではおなじみの 金網氏。
「政策集団になるのだ、と会長が発言しろ」とのご意見です。

ちょっと 事情を飲み込めない会長の答弁の後に、またしても 専務理事いわく、

「えー、25条の38とは、 ・・・・こういう趣旨でありますよ・・・」と。
決して、 質問者の皆さんが考えておられるようなことの意見の集約ではないのよ!
と 口にこそ出していないが、専務理事の声が聞こえそうであります。


今回は、専務理事への 全面的肩入れ書き込みと相成りました、はは。

0 件のコメント:

コメントを投稿