2011年2月25日金曜日

運用3号の暴発(2)

細川大臣の停止発言が どのような経過でなされたのか
気になっていたが、、

昨日24日 衆議院予算委員会鴨下質問
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
でわかった。

これ、皆さんにも おすすめだなや。
是非どうぞ。

これを聞くと、きっと
内藤やすこの「思い出ぼろぼろ」が聞きたくなると思います。(^^;)

鴨下議員の的確なる追求に、細川大臣困窮いたし、停止発言と
相成り候ってところです。

(厚労省、総務省の)双方に理あり。
救済を優先すべきや、ルールを優先すべきや、だと。
政府の統一見解を出しんしゃい・・・


各県会で、「暴発」したいと思っている理事さんも、この
予算委員会の鴨下質疑(対細川、対片山)を見てからにしてほしいな。

みりゃあ、 連合会の「建議」など、ちゃんちゃらおかしいのがわかろうと
いうもの、だ。


結局、当面停止の当面とは、 28日に予定されている総務省「監視委員会」
の結論が出るまで 停止する、と そういう意味らしい。

で、おそらく、停止が解除されよう。

だって、
国会に押し寄せるデモ隊のプラカードが、
  「米よこせ!パンをくれ!」
というより
  「公平に扱え!」
なんてのは 可愛い方だ、ってことなんでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿