2011年2月7日月曜日

運用3号

すこしばっかし 呆れてます。

まず、
第1回年金記録回復委員会
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/10/dl/s1016-6a.pdf


誰が メンバーか。
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/10/dl/s1016-6b.pdf

われらが会長さん、いますね。
 
そこには、
http://www.abetomoko.jp/taidan/31/31.html
阿部さまと対談したこともある廣瀬社労士さんがいらっしゃり、

その廣瀬様が、
先月31日(H23,1,31)の第20回年金記録回復委員会

において、
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000011je9.html

反対意見を述べられた。
その 内容が、

同氏から資料の提供をうけたという 三沢社労士さんの・・・
http://www.office-misawa.jp/


・・・ページに紹介されています。
http://www.office-misawa.jp/hirose.html


??何に呆れたか?

上の諸氏ではありませぬ。
第20回年金記録回復委員会

の資料に中に、
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000011je9.html

資料1-1 「運用3号」に関する研修、諸準備について(PDF:81KB)
などというモノがあり、、

そこには、

○平成23年1月~3月頃 … 全ての年金事務所、都道府県事務センター、コールセンター(民間委託)、街角の年金相談センター(社労士会委託)、各都道府県社会保険労務士会を対象に、徹底した説明会・研修会を実施する。その際に出された質問については、集約して回答を全国にフィードバックする。



○研修の実施状況は、節目節目で年金記録回復委員会に報告する。なお、この実施効果につき、回復委の委員による「覆面調査」をお願いすることも予定。



なあんてことが書いてあんのよ。

外延的存在からの脱却なんぞとほざきながら、こうした日当20200円の委員になりおおせて、「徹底した」説明会を呼びこんでるのかと思うとね、、、これ 呆れずしてナントスルかいな。


それにしても、
個々の社会保険労務士への 覆面調査! どのようにやんのかなあ・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿