2011年3月10日木曜日

ほう、こういう冷静な議論のできる人もいる

yahooの「年金業務監視員会」ニュースにリンクされていた社労士さんの
ブログを覗いてみた。

http://blog.livedoor.jp/puugami/archives/2011-03.html

素敵です。

sr-jinjinも このような議論ができるといいな。

どうにも、 正義派を気取ったり、民主派を気取ったり
会員ノタメを気取ったりする連中を からかってみたり
おちょくってみたりしたくなるからいかん。

やせ馬の先っ走りよろしく、いの一番に決議した県会や
見解とやらを発表した連合会は、 おさきぼうをかつがされた、
と反省してほしいのだが、そうじゃあねえんだろうなあ。

ところで、この大神社労士さん、こんなことも書いている。

>また、社保のコンピュータでは配偶者記録との記録照合はしていません。

>これは私が勤務していた当時の事ですので今はわかりませんが、
>しかし、問題とすべきなのはコンピュータの導入時点で、
>コンピュータの利用方法の認識に誤りがあった(データ蓄積箱
>としか考えていなかった)という点です。
>この時に民間でのDBの利用方法等をもっと検討していれば、
>多くの問題は回避できた可能性があると思うと残念です。

これ、今の電子申請システムにもいえますね。


そもそも、「労働強化だ」と発想したツケが こんなところに回ってきている
ということでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿