2011年6月6日月曜日

東京会報6月号

5月号の続き。

第351回正副会長会の審議結果が載っています。

---------------------------------------------
4綱紀委員会に対する諮問事項について
 検討した結果、綱紀委員会には諮問しないことにした。
---------------------------------------------

とか。

笑ってしまいますが、
すでに 前回、

正副会長会が、綱紀委員会の答申に対し、突き返したことを
かきましたが、今回の記事は それの、 まあ 「後日談」
みたいなものでしょう。


でもね、確か、前回は 「差し戻し」とはっきり書いてある。


綱紀委員会から 再度の答申がなかったということなのでしょうか。


なかったんでしょうねえ。だから 遡って、
「諮問しないことにした」ってえ わけですかね。



諮問しようとした「正副会長会」の姿勢は問われないんでしょうか?

0 件のコメント:

コメントを投稿