2011年6月16日木曜日

とある県会HP

確か神奈川会は、副会長を選挙で選んだという。
そんな ブログに出っくわしたことがある。

おそらく、理事互選での選挙でしょう。
まさか、全会員による副会長選挙ではあるまい。

よもや、選挙にしないと、
 それでは 明治維新の夜明けが遅れる?
 会長のところに「権力」が集中したままになる?
などと のたまってはいないと思いますが。


あ きょうはその話題ではなくって、神奈川会のHPを
眺めていたら また あらたな発見があったのでご紹介。

topページににある、それはそれは立派な「運用3号の実施反対を決議」の
ちょい下に、、

  「社労士法および社労士会会則による処分者等を公開します」と。

あれ?
公開は「処分」だけだと思ったが、はて 処分者「等」って いったい
なんじゃいな。


ということで リンクページをめくってみると、

 社会保険労務士法に基づき、神奈川県社会保険労務士会会則による
 注意勧告等を受けた会員

とあるではないか。

およよ。
注意勧告等をうけた、とあるんでないの。

神奈川会は、処分に限らず、注意勧告まで 「公示」しちゃうんだ。

「準則」では、 勧告と処分とは明確に区分し、「公示」せよとしているのは
処分だけだ。
きっと、神奈川会会則は、勧告も処分も 一緒くたにして改正しちゃったの
かもしんないナア。

でも、まてよ。
 そんな 会則変更など、 厚生労働大臣の認可がおりんだろ。

だから、

たぶん、
たぶんだけど、
労働局長への報告義務は勧告であれ、処分であれ同じくあるようなので、
その際の報告書式を そのまま webに晒しちゃった、、とこういう
ことなんでないの。

晒されちゃった該当者からクレームついたら大変よ。
 執行部の横暴を断固糾弾する!
 会員の人権を無視した現執行部は、一段落したら
 退陣するなどといわないで即刻退陣せよ!
なんてね。


民主主義にウルサイ人がいるだろうに、なんとしたことか。


いえ、何が言いたいかって、、、

「・・信頼を失いかねない取扱であり断じて容認できない」
と強い口調で決議をしたその同じ会が、足元で、こんな不手際では、
なんていわれるかわかないということよ。

 ひとのこたぁいいから、テメェんとこをしっかりと運営しな、

ねんてネ。

0 件のコメント:

コメントを投稿