2011年9月26日月曜日

お、新潟会(1)。

にぎやかです、新潟会。

sr-ta3さんのブログによると、

http://sr-ta3.blogspot.com/2011/09/blog-post_23.html

、、、である、と。



ということで、ひさしぶりに新潟会のHPをたずねた。

やってくれますねえ、新潟会

まずは、引用。

「処分」から。
-----------------------------------------------------------------
、『「●●●●●●●サポートセンター」なるホームページを作成し、インターネット
に公開した。
その内容について、新潟労働局から
「法律に抵触すると考えられる極めて不適切な表現がある。」
として是正するよう指導を受け、新潟県社会保険労務士会並びに会員の信用を失墜
させた。』
よって平成23年1月18日の理事会に於いて新潟県社会保険労務士会会則第47条
第1項第1号に定める訓告処分と決定したのでお知らせします。
-------------------------------------------------------------------

次、「注意勧告」
------------------------------------------------------------------
●●労務管理事務所の●●●●●●●会員(登録番号●●●●●●●・三条支部)は、
『依頼人から依頼された労災保険給付及び雇用保険給付の支給申請手続きを正当
な理由
もなく怠り、依頼人から再三の督促があったにもかかわらず長期間放置した為、
別の社会
保険労務士が替わって手続きするに至り、依頼人並びに関係者は多大な迷惑を蒙った。』
として平成23年1月18日の理事会に於いて新潟県社会保険労務士会会則第44条
第1項に定める注意勧告に処することと決定したのでお知らせします。
--------------------------------------------------------------------


ところで、おめえは、なんで 「処分」とかに反応するの?
とかのハナシが聞こえてきそうなので、ちょいと 説明すると・・・。

こういうこと。

県会の理事職には、いわば 「武器」が与えられるのよ。理事たるもの
この「武器」の使用法を誤ってはなりませぬぞえ。

世に、理事は 会員の役にたつ研修会を 無報酬でヤラネバナラナイ
などと ほざく のがいるのでね あえて 声を大きくしている。

まあ、そういうことです。

さて、新潟会。

処分は 法違反か会則違反だ。この場合「法」とは、どの「法」であるかは
自明であるハズなのであえて書かない。

どれどれ、、、、

-------------------
「法律に抵触すると考えられる極めて不適切な表現がある。」
として是正するよう指導を受け、新潟県社会保険労務士会並びに会員の
信用を失墜させた。』
--------------------
法違反はしてないようですね。
「抵触すると考えられる」、というだけだ。

してみると、 「信用を失墜させた」のがポイントか。

確かにある。会則41条。(準則)

-------------------

(信用失墜行為の禁止)
第41条 会員は、社会保険労務士業務の適正な運営に努め、社会保険労務士又は
社会保険労務士法人の信用又は品位害するような行為をしてはならない。

------------------

要するに、 会則 に違反したというわけね。


でもね、新潟会理事さん。

もう一度引用するよ。

公告は、
---------------------------------------
新潟県社会保険労務士会並びに会員の信用を失墜
させた。
---------------------------------------

といいます。

ところが 会則は、

---------------------------------------------
社会保険労務士又は社会保険労務士法人の信用又は品位を
害するような行為をしてはならない.
---------------------------------------------
ですヨ。

sr-jinjinには 同じものとは思えない。

もっとも、新潟会則には、新潟会の信用を失墜させた場合も
処分できる、と書いてあるのかもしれない。

でもねえ、そもそも「県会」の信用って失墜するものなの?

いわれない? 
信用の失墜した県会の処分なんて信用できない??!!
なんて。

次、注意処分については 次回。

(ちゃう、ちゃう、 注意処分でなく、注意勧告)

0 件のコメント:

コメントを投稿