2011年11月15日火曜日

おや、神奈川会HP(3)

全国の理事数を眺めていて分かったこと、それは 神奈川会が 
ナンバースリーであることだ。
東京、大阪に次ぐ規模であったのは驚きです。









前回のお約束、「政治連盟」に触れると、
(ほうら 又始まった、と食傷気味なあなたには恐縮しますが)


まず、
政治連盟を誤解なさっている。
何度でも言うが、社労士政治連盟という政治結社が抱える政治課題は
社会保険労務士制度の改善であるということだ。
たとえて言えば、決してTPP参加に対する政治的姿勢を鮮明にするという
ようなことではないノダ。
勿論のこと、労働社会保険諸法令に基づく諸制度、すなわち、後期高齢者
医療制度や年金68歳案などに対する態度表明なども政治課題の枠外。

天下の神奈川会さんなのだから こうしたイロハは間違えてほしくない。

なぜ 間違うんだろ?

きっと、
ちいとばっかし高尚であることがらにも口出しできんだぞ、ということを
示せば、社労士の「社会的・経済的地位の向上」をはかることができる、と
そう思い込んでるんだと思う。

でも 気づくべきだ、
それは、社会的・経済的地位の向上をはかったことには少しもならず、 
むしろ 政治のイロハのイも知らないことを 天下に晒してることになるんだ
ってことを。

0 件のコメント:

コメントを投稿