2012年6月14日木曜日

連合会の総会が、今年は 29日だそうだ

連合会の総会が、今年は 29日だそうだ。

総会を前にして、各委員会の「成果物」が発表になったりするものだが、、、一向にみえない。

あ、電子化委員会の 認証局廃止、これは 成果といえば成果か。

もっとも sr-jinjinに言わせれば、どうせ廃止するなら、、、の思いが強いですが。

研修委員会が、 たしか 一巡した倫理研修の再構築を課題としていたハズ。

漏れつたわる「答申」には、 かの 安西説(なはは)

(東京会講演で御説ご開陳)は 反映していないようですね(未確認情報)、残念ながら。

・・・ということは、 委員レベルの 倫理研修に対する認識度合いというものの、おおよその

察しがつこうというもの


ところで、

たぶん、今年の連合会総会では またもや 

「生活保護法」を社労士が取り扱える法律として 別表に載せろ!

との主張が なされるんだろうなあ、、

と 思っていたら、 どうやら 今年は 「代議員」として選ばれなかったようですよ。

(あは、これも 未確認情報)


これで、のちのちの 総会記事を ストレスなく読めるか、と思ったが

いやいや、 東京会に もうお一人おられる。この方が 代議員として出てきて発言

するかもしれないなあ。

去年の9月号 だったかに、 労働法における社労士の当事者性 に関して投稿をして

いました。

sr-jinjinの読むところ、どうにも 論証失敗 ではないかという気がしてなりませんでしたが。


さて、そのお方、落ち込んで 代議員どころではないのか、はたまた 総会に乗り込んで快哉を

叫ぶつもりなのか、、興味は尽きません。


九州中部に位置するところの代議員は どうするのでしょうか。

また、 また なにか しゃべるのかな。


なんせ、ここの会長さん、

 社労士会は「社会保障制度への提言する義務を有する」
 
なんて 言ってますからね。


ワタシタチモ テイゲンシマショウヨ、、ぐらいなら、 ききおく(!)態度をとれるsr-jinjinも、

こうまでいわれるとねえ、ちょっと、ツッコミを入れてみたくなります。

 こっちも 興味がつきない。

いまから、 月刊社労士7月号 が まちどおしい。(^_^;)
 
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿