2012年7月31日火曜日

月刊社労士2012年7月号(1)

総会に先立つ会長の挨拶をよむと、 「動議」を予期していたようだ。
連合会だからできないこともあるのよ、などというくだりなどはまさしくそうでしょう。


最後の動議の結末がよくわからない。

奥田専務による、「(連合会の)見解発表で十分」
ということでケリがついたのか、

東京代議員小林氏の
「連合会で検討していただき・・・会員に対してお知らせいただきたい」

なのか?
記事だけでは判然としない。

もしかすると、 東京代議員発言で 手をうち、動議案にたいしての賛否を
とらなかったのかもしれない。

、、、とすると、少しおかしなことになる。

代議員が自分で検討する(任期は1年、来年の総会までその権限あり)ならともかく、

「連合会で検討していただく、、、」はいただけないでしょう。

動議提出者からすれば、議案提出権をもつ理事会からは望むべくもない議案である
と思われたからこそ総会に向け動議としたのであり、代議員は、それを意気に感じて
真正面から審議しなければならないというものだ。

その際、もちろん
「唐突にこんなのだされても判断できん、だから はんたーい」でも構わない。

結局、代議員の総意で、「連合会は検討せよ、そして報告せよ」との決議をしたことに なっちゃってるわけ?

ここで少し動議の本気度を。
本気度とは、総会の決議を得る、ということに対する本気度という意味です。
けっして、本気で反対してるか、とか本気で説明を求めてるか、ではありませぬ。

□連合会の会則にある「総会の議決及び承認事項」は読みましたか?
□同じく「理事会の議決事項」は読みましたか?
□総会に付議する議案を決定できる理事会はいつだったかご存知でしたか?
□当該「動議案」に対する理事会内の政治地図は作成しましたか?
□その政治地図に基づき、なんらかの行動を起こしましたか?
□どうして理事会に総会議案とするような提案をしなかったのですか?
□仙台で開催されたので遠くていけなかったのですか?
□それにしたって、第176理事会は東京会館で開催されています。
□代議員の氏名は把握したのですか?
□代議員の政治地図は作成したのですか?
□その政治地図に基づき、なんらかの行動を起こしましたか?
・・・






0 件のコメント:

コメントを投稿