2012年12月18日火曜日

なんだかなぁ、、、

社労士会シンポジウムの様子が配信されていますが、、、

http://www.shakaihokenroumushi.jp/general-person/topics/2012/1203.html

副会長のあいさつ、 いまだに 「あっせん代理」といってますねえ。

抵抗ないのかなあ。リーダーたるもの もちょっと ことばを大事にしてもらいたい
気もしますが。


、、、と思っていたら。



社労士総研におけるプロジェクトの研究成果、「その後」の成果物が公開されていますが、

http://www.shakaihokenroumushi.jp/social/integrated-research-mechanism/index03.html

その中の、
「ADRの実践マニュアル作成とその運用に関する研究」

ここでも、 「あっせん代理」と表現しています。

理論活動なんだからサ、 ゲンミツに言葉を使ってほしいですねえ。








0 件のコメント:

コメントを投稿