2013年4月16日火曜日

軽々に裁判なんぞするもんでねえ(1)

軽1さんと軽2さんによる軽々なる裁判。

抗弁てのは「正」貨じゃねえのか。
こないだは、「ひたむき」も変な使いかたしてたなあ。しかもひたむきに(^^;)

チンジュツ、ジョウシンばかりじゃなくcocolog文も下書きしてもらうといいよ。

このsr-jinjin,けっこう、軽1さんに入れあげていた時期ありましてなあ、なんどかケーガイに接したことも。
氏から、「sr-jinjinさん、キューカツをジョしましょうや」、などと酒席によばれたこともありそれはそれは感激したこともある。

それが、、、

軽2の言動が目に付くようになってからかなあ。
「なんで こんなのをホめそやしてるのだ」と距離をおくようになった。

だから、「大阪2名事件」 も おきてムベなるかな、ですわ、sr-jinjinにとっては。
つまり、同事件は、こんな軽2と同列に論じられたかねえ、そして、そういう思いが関西中に広まったということではないのか。

あ、軽1さんまでを軽々に否定するのではありませぬ、念のため。


 

0 件のコメント:

コメントを投稿