2013年5月19日日曜日

こんでは、同んなじだわねえ(3)

しつこく こだわるのだが、、

かの健保法改正案、参議院にまわされ、5月16日、厚生労働委員会に上程されたようだ。

参議院の厚生労働委員会では、 「業務外の事由」を「業務災害以外」と条文修正する箇所、議論になるでしょうか、ちいっとばっかし今後が気になります。



 衆議院の厚生労働委員会では、わずかに、おひとりだけが、「一人親方」という言葉を出して質問がありましたが、 どうも、「一人親方」も「中小企業事業主」も よく 区別されとらんようでした。

社労士という仕事柄、健保側において業務概念の見直しがあるんだって、などといわれると、あの「谷間問題」をなにがしか解決したかという目でみてしまいます。


「一人親方」の場合は、たいがい「国保」の対象だから、いや、仮に「健保」であっても、おそらく5人未満だから、谷間問題からはちょいとはずれる。だから、業務概念の見直し、について質問するなら、「一人親方」を引き合いにしちゃあだめよ。


社保審医療保険部会での議論をみていると、まあ、 あたりまえのことなんでしょうが、谷間問題を解決するとの問題意識は、これっぽち もないんだなあ、ということがわかります。

そりゃあそうだよね、 谷間問題のために、かき集められたわけじゃないんだから。
しかも、谷間問題は、「労災側」にありとの意識が底の底にあるようだ。
谷間は労災側で埋め立てよって ことなんでしょう。


一方、労災側はどうか。 労働条件分科会労災保険部会の議論からの おくそく ですが、「特別加入がうまく機能しているかどうか」の問題意識はあるようだ。

しかし、「谷間問題」を遡上に載せる気はない。そりゃあそうだ、労災法理からすりゃあ谷間問題などそもそも問題にならないのだから。

ということは、 行政に、谷間問題の解決を期待することはできないということだ。


そんで、 「健保」と「労災」と両方を射程にいれた政治(法律)にお出ましを願うしかない、、、と、厚生労働委員会の先生方に期待してるのだが。。。。。。



0 件のコメント:

コメントを投稿