2013年8月22日木曜日

住基カード更新

もう忘れられちゃった感のある住基カード、10年の期限が近づき、このたび更新をしてきました。

窓口も慣れてないんでしょう、カウンター越しに苦労されてる様子がみえました。

選択肢が3つあって、結局 2つのカードを持つというのを選びました。
2つ持つ、は正確ではないですね。

つまり古いほうは、公的個人認証がSETされた非住基カードとして、もう一枚の新しいほうは公的個人認証がSETされない住基カードとして、という意味になります。
 住基  + 非公的個人認証
 
 非住基 + 公的個人認証

昨年末に、公的個人認証部分の3年期限が到来して書き換えたばかりです。
(「なんでも、暗号とやらは、時間が大の苦手なんだそうですな。そのため3年という近いスパンで鍵を作成しなおすのだそうです)

今回更新した住民基本カードは、10年後の71歳(!)となるときまで有効です。はは、だから末代モンだなや。
3年後に公的個人認証の期限がまた到来するので、その時に、1枚に統一することとしました。


古いほうは 穴があけられて返ってきました。表題の住民基本台帳カードと印字されてるところの「台帳」あたりに、丸印がみえるでしょ?アレ、パンチ穴です。
(おいおい、ちゃんと公的認証部分は読み取れるんだろうな。。。はい、大丈夫でした、ちゃんと電子申請に使えました)

新しい住基カードにはQRコードが設けられてます。何が記録されてる?と携帯で読み取ると生年月日が6桁ではいっていました。
 いったい、これをどのように利用するというんでしょうね?


それにしても、老けましたな。51歳と61歳。写真を眺めてみてつくづくそう思います。

秋月センセのように、
 
 年、老いたりといえど染めずして髪なお黒く、補わずして歯は全し、、、、というわけにはいかなかった・・・・















0 件のコメント:

コメントを投稿