2013年11月22日金曜日

月刊社労士2013年11月号(3) 連合会の関係者?

つづき。

58ページに 総務省e-govの斎藤氏のかかれた記事がのってます。

みると、連合会は 厚労省、総務省、年金機構との間で定期協議会を開催しているようで、60回を超えた、とあります。氏は、初回からのメンバーだそうです。

ほう、そういうことを やっていたんですね。

ところで、
同じ記事中にこうある・・・・
「・・前述の定期協議の場を通じて、連合会の関係者とともに、オンライン利用の改善に向けた様々な取り組みを行ってきました。」

連合会の関係者?

会長や、電子化委員会の担当副会長、同委員長、また 会員社労士であれば、
単に「連合会」であって、「連合会の関係者」とはいわねーでしょうね、、、ふうん、どんな方なんでやんしょ。

これも よその方に 書いていただいたからわかることですね。連合会自らが書くときは、ワザワザ「関係者」なんていわない。

機関誌の編集委員も こういうひと を インタビューするといいんだよね。或いは、モノを書かせる。
そうすると、 定期協議の場で どのような主張をしているかがわかるというもの。

おそらく、 編集委員も 「関係者」の存在 知らねんでねーか。

・・・・と、想像を タクマシュウするsr-jinjinでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿