2014年1月10日金曜日

XMLファイルの比較

電子申請が無事完了した離職票データのXMLファイルとうまくいかなかったXMLファイルの比較をしてみた。

どこが ちがうのだろうか。

タグ数が700近くあるので、こりゃあ てえへんだ、と思って始めたが、意外と簡単であった。

正しいファイルをメモ帳にドラッグ。
それをコピーして エクセルシートの第1列に貼り付け。
改行コードも記述してあるらしく、整然と縦一列に並ぶ。全行数600余。

次いで、NGのXMLファイルを同様の方法で、エクセルに第2列目に貼り付ける。

第3列目に、IF関数を記載し、全く同一であれば 0 を返すようにし、違っていれば 1 を返すようにした。
 この間、わずかン秒。

そうすると 一目瞭然。1 と、書かれた行が いくつか出てきた。

<付記欄/>が<付記欄_安定所提出用/>と訂正されてたり、
最後の方に
<check_flg2/>

<check_flg3/>
が追加されたりしていた。

こんでは、処理が NG となってもしかたあんめい。


結論。sr-jinjinのおっちょこちょいでした。

昨年の秋だったか、喪失処理後の被保険者に対しても離職票の電子申請が可能となって、その際versionが変更となっていたが、なんと前versionのフォーマットに対してプログラミングをしていたということだ。

作業の途中で どっかで 入れ違っちゃったんだろうなあ。
くやしいけど しゃあない。

でもなあ、入力チェックは、通過したんだよね。
自分の不手際を棚に上げていううんだが、 e-govさん、もう少し形式checkを強くしてもらっていればよかったなあ。(コラ!)

こんどは うまくいく (はず) だぞ。次の離職票が待ち遠しいや。





1 件のコメント:

  1. 初めまして。
    離職票のXMLファイル作成に行き詰まり、検索し続けてこちらの記事にたどりつきました。
    もしよろしかったら質問させてください。
    来月までに離職票も電子申請でサクサクこなしたいのです。
    よろしくお願いします。

    返信削除