2014年4月10日木曜日

本日は意味不明の、、、、

ひとと たえ様、、、そりゃあ、おかあ様からのおくりものでっせ。
なんとステキな日記なんでしょう。

1984年といやあ、社労士開業したころだ、うん 30ウン歳だ。
件のおとうさまは。調べると50台前半。


そんなに、おとうさまをお笑わらいくださるな。
(あ、包みこむような笑いであることは重々承知ですよ)

むかし、その対極側にある言葉をは、隠語として聞いたことがあります。
大工サンたちがお昼休みの時に、話してたのよ。

「赤○○・・・」

ん? なんのこと?   と思ったが、サッシのいいsr-jinjinnは、
リーガルマインドとやらは からきし ダメなんだけど、おおよそ見当がつくんです。

で、 見当だけでなく、「その筋」に 確かめたら、うん、なるほど。

図星でした。


・・・

ん?
まさか、うちのヤツ!






*興味を覚えた方は、文藝春秋5月号をお買い求めのうえ、437ページを
ご覧ください。









0 件のコメント:

コメントを投稿