2014年6月26日木曜日

ふうーん、健全な発展と福祉の向上ねえ

もう、聞き飽きたなんていわれソ。

月刊社労士6月号を見ていたら、奈良会が奈良県に対し意見書を提出したとのこと。

全文が載っています。

その、冒頭ーーー。
「我われ社会保険労務士は、・・・企業の健全な発達と労働者の福祉の向上に寄与すべく、日々業務を行っております」

何度でもいうが、クダンの文言は、社労士「法」の目的規定。

「我われ・・」というのだから、ボクもその中に入るんでしょうが、ちょっと まっちいくれ、ボクはそんなつもりで仕事はしていないのだ。
 とてもじゃないが、気恥ずかしくて、んなんこといえない。

たぶん、奈良会の会員さんも同じ思いでないの。

0 件のコメント:

コメントを投稿