2014年8月3日日曜日


たまには、こんなところにも行きます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
関与先の社長さんたちの誘いを受けお相伴にあずかったという次第。

おとど室に招じ入れらるるも一人場違いの身、詮かたなく部屋を眺めまわすやたちまち目に入った一架の額(^_^;)

あちゃあ、、 
力及ばずして読解すること能わずねん。
 
帰り来たりて急ぎ、インターネットにて検索するに、 
 
爾俸爾禄
民膏民脂
下民易虐
上天難欺

というものだった。

解説は避けますが(どうぞ ご検索せられたし)
まあ 社労士も ちょいと肝に命じといた方がいいかな。
 




 

 

 

 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿