2016年3月30日水曜日

またぞろ・・・・

学生のまねごとみたいなことをやってずいぶんと過ぎた。
4年たつと追い出されるんだそうだ、ありゃりゃ。

そんなわけで、またヒマになり(^^;)、しばらく封印していたPC周りを またいじりはじめた。

マイナンバがらみで温めてきた構想をじ実現すべく とりかかったということだが、
なかなかどうして 骨が折れる。 

構想は単純。
ネット環境が以前に比してよくってきており、わが大切なクライアントさんも 抵抗なくメールなどを
駆使する方々が増えてきた。

これを 利用しない手はないわなあ。

クライアントの手をなるたけ煩わせないようにする。
クライアントさんに不安感(情報漏れ)を抱かせないようにする。

こっち側での省力化も図りたい。

で、 なんとなく、 jinjinさんの 事務所って、素敵、とクライアントの奥様や、クライアントの嫁に行った娘さんに 好ましく思ってもらえる・・・。

もちろん、ITに明るい、や、最近は IOT とか言っるぞ、そんな社長さんにも賛同を得られる・・・

これらを満足させるシステムとして着手したのだ。

1 クライアントさんには、 メーラを使わせない。プログラムを作って配布してしまう。
こうすると、宛先は、sr-jinjin@honyarara.co.jp と固定にするから誤送信がない。
そして なによりも マイナンバを 暗号化して 通信回線に乗っけられる。マイナンバを
生のまま PCに おくこともない。

2 その専用ソフトは エクセルで作成するのがいな。すべてのクライアントさんが ワードとともに標準装備してる。

3 フォーマットを決める(送られてくるデータに規則性を持たせる)ので、こちら側で
受信した際に、自動的に データベースに取り込めることが可能となる。
いわゆるメーラでは不可能なので、独自に受信プログラムを作成する。ネットを徘徊してると
そうした情報がテンコもり。

・・・・・・ということで また 出てきますので、よろしく。







0 件のコメント:

コメントを投稿